弟のバイト先は悪質行為のオンパレードだった

弟が学生時代にアルバイトしていたコンビニ、今思うとかなり危ないところでした。

日中は授業があるので、バイトに入るなら夜か早朝になります。
最初の1ヶ月は研修期間なので、授業が終わった夜からバイトに入っていました。
研修期間中は時給が100円下がると言われたそうですが、本人も私たちもそれが当たり前だと思っていました。

photo

ただ、研修期間が終わってから、その店がいかに恐ろしいかを実感させられるようになりました。
弟はまだ高校2年生、つまり18歳未満でしたが、夕方6時から夜の11時45分まで働かされていました。
なぜそんな中途半端な時間なのか、本人が店長に聞いたところ、「実働時間が6時間を超えると休憩時間を与えなければいけなくなるから、それを超えないようギリギリに調節している」と当たり前のように言われたそうです。
18歳未満の青少年を22時以降まで労働させる時点で違法なのに、そんな調節をしてまでこき使おうとしている店長の神経に呆れました。

そして、「シフト完全自由」を謳っていたにも関わらず、休日は毎週木曜日だけと一方的に決められました。
何でも、その店は木曜日が一番暇なんだそうです。
「何があっても絶対に出てこい。親が死んでも出てこい」という威嚇付きでのシフト公開。
シフトを決定する店長はというと、旅行だの友人と遊びに行くだので休む事がしばしば。

極め付けは、研修期間が終わり本格的な雇用期間に突入しても、時給が変わっていなかった事。
確定申告のため、弟の給与明細を確認していた父が気づくまでの半年間、ずっと研修期間中の安い時給のまま働かされていたのです。

父がそのコンビニの本部に報告し、差額はちゃんと支払われました。
しかし、これまでの悪質な体制に加え、この件がとどめとなり、私たち家族は弟を説得してバイトを辞めさせました。
それ以来、そのコンビニ系列自体利用しなくなったので、店長や体制がどうなったのかはわかりません。
もし店長が何のお咎めもなしに勤務し続けていたらと思うと、やはり然るべき機関に通報した方が良かったかもしれません。
あれから何年も経っているので、今更遅いのですが……。

カテゴリー: アルバイト | 弟のバイト先は悪質行為のオンパレードだった はコメントを受け付けていません。

初めてのバイトが理不尽だらけだった

私が初めてバイトをしたのは、高校を卒業した後でした。
地元のとある酒屋(居酒屋じゃないですよ!)だったのですが、「働く」という事が人生初だったので、どうしていいかわかりませんでした。
ただ、このバイトを紹介してくれた友達も一緒だったので、そこだけは安心でした。

従業員は全体で10名ほど。
正式な店長は私が入る前に辞めてしまったらしく、一番近い店舗の店長と店長代理が取り仕切っていました。
他にはベテランの女性店員と、若い従業員数名。
身だしなみ以外にあまりガチガチした規定はありませんでしたが、何分話の合う人が友達以外にいなかったので、最初は本当に落ち着きませんでした。

加えて、研修とか新人教育なんてまったくありませんでした。
友達は研修期間があったらしいけれど、私はいきなり普通の従業員としてレジに立たされたのです。
他の従業員はというと、付き添う事もなく自分の仕事のみに集中していました。
いざ接客するとなるとパニックになってしまい、わからない事があったので聞きたくても、近くに誰もいない。
強いて言えば従業員用の内線がありましたが、使い方を知ったのは1ヶ月後くらいだったかと思います。
何を聞いていいかわからないのに、「ちゃんと事前に聞いて」と言われても……と、内心かなりイライラしていました。

それだけなら、コミュニケーション不足の自分にも非はあるのですが、どうしても納得いかない事がありました。
それは、「申告したシフトを勝手に変更されていた」事。

photo

その店はシフト完全申告制だったのですが、用事があって休日希望を出したにも関わらず、他のバイト従業員によってフルタイムに変えられていました。
こればっかりは店長代理も「他人のシフトを勝手に変えないように」と朝礼で注意していました。

ようやく関係が良くなったベテラン従業員が辞め、友達も辞め、相変わらず理不尽な思いばかりしていたので、1年ほどで私も辞めました。
それ以来、その店の敷地内には一度も足を踏み入れていません。

カテゴリー: アルバイト | 初めてのバイトが理不尽だらけだった はコメントを受け付けていません。

「キャッシングのご利用は計画的に」

消費者金融の広告では必ず見かける文面です。しかし、これは当たり前のことです。
返すあてがないのに借りてしまったら、消費者金融業者もお金を返してもらえないから商売にならないし、借りた人だって周りに迷惑かけて返すか自己破産をするかとかになってしまいます。だから、貸す業者は必ず審査をしますし、法律でも金利や借りれる上限が決められていたりとするのです。

お金を借りるということを計画的にしないと大変なことになるというのは、日本という国自体が証明していると思います。
戦争をしたら借金ができ、そのせいでまた戦争をし、負けた後は返済のために何十年も支払い続けることになってしまった…。返す宛が無謀だったからとしか言えません。

個人に置き換えても、収入に対して返済できないであろうような金額を借りてしまったらそれは大変なことです。支払いに苦しみ続けなければいけません。
借金を返すために借金をするという負の連鎖が起きてしまいやすいことです。その間に、借り主が高給取りになるなんて保証もありません。

お金を借りなければいけない場面は、少なからずでてくることでしょう。しかし、返済できる望みのある額だけを借りなければいけません。多くの会社は高額融資には厳しく、審査に通りにくいでしょう。そこで簡単に通ってたくさんのお金を借りることができるところを安易に利用すると、実はヤミ金だったなんてケースもあったりします。審査が甘いといったようなうたい文句は危険だということも覚えておいてほしいです。

「キャッシングのご利用は計画的に」

繰り返しこの文面を広告で強調するのは、計画亭に利用できない人が世の中多かったからでしょう。借りてもらわなければ消費者金融も仕事ができませんが、貸しっぱなしになってしまうと困りますから。一番困るのは借りた本人ですしね。
短期ですぐに返せるのか、長い目でみて少しつづ返す計画なのか、しっかりとシミュレーションをしてみましょう。

カテゴリー: 未分類 | 「キャッシングのご利用は計画的に」 はコメントを受け付けていません。