選挙のバイト

大学生のころ、選挙のうぐいす嬢のアルバイトをした経験があります。

たまたま知り合いに誘われてアルバイト募集をみて応募しましたが、面接のようなものがあり、その後研修が2回ほど設けられました(それも2,000円くらいバイト代が出たと思います。)

そこで「私には無理」と思った子や上手にできなかった子は落とされてしまい、最初から厳しいアルバイトだな…と感じていましたが、実際うぐいす嬢として遊説に参加していましたが、朝は8時スタートで夜も8時までの労働で、その前に準備等があり、結局早朝から深夜までに及ぶことがあり、スタートが地元からではないときはホテル住まいを余儀なくされて、結局2週間の間に2,3日しか家に帰ることもできませんでした。

あまりのきつさに誰とも連絡をとっていなかったので、大学の友人には失踪したと思われていました。遊説中は手をずっと挙げておかなければいけなくて、2週間で腕がかなり細くなりました。

声もがらがらでもとの声に戻るのに1週間ほどかかりました。学生時代まだ半人前だった私にとって、大人が必死に戦っているのがわからず、真剣に怒られるのが辛い…と思いましたが、終わった後は達成感と充実感で給料も相当いただけたので、やってよかったな…と思いました。いい思い出です。

カテゴリー: アルバイト パーマリンク