思いつきで仕事を増やす上司

個別指導塾で塾講師のアルバイトをしていました。

塾講師のバイトには多いのが、時給ではなく「コマ給」というものです。
1コマあたりの給料が決まっており、それ以外の時間(生徒のために小テストを作ったり、教材をコピーしたり、ミーティングをしたり、報告レポートを書いたり)は無給状態でした。

遅くとも指導が始まる三十分前には出社し、指導が終わって一時間弱は無給で雑務をこなすという状態でした。
それだけでは授業の準備が終わらないので、帰宅してから予習等をしていたので、もし自給に換算したら最低賃金を余裕で下回る位です。

それだけでも辛かったのですが、何より嫌だったのが上司が思いつきでどんどんアルバイトの仕事を増やしていったことでした。
指導後のレポートの用紙を変えて書く箇所を増やしたり、もともと行けないと言ってある日に無理やりアルバイトを増やしたり、定期試験の度に受け持っている生徒全員分の予想問題を作らされたり、授業後に長いミーティングへの参加を強制されたりしました。

もちろんこれらは全て無給です。 説明もされていないことを、「説明しただろう」と勝手に思い込んで叱ってきたり、自分の気分が悪いと挨拶を無視したりと本当にひどい上司でした。

仕事が増えても給料は上がらず、とてもストレスの多いバイトだったと思います。

カテゴリー: アルバイト パーマリンク