「キャッシングのご利用は計画的に」

消費者金融の広告では必ず見かける文面です。しかし、これは当たり前のことです。
返すあてがないのに借りてしまったら、消費者金融業者もお金を返してもらえないから商売にならないし、借りた人だって周りに迷惑かけて返すか自己破産をするかとかになってしまいます。だから、貸す業者は必ず審査をしますし、法律でも金利や借りれる上限が決められていたりとするのです。

お金を借りるということを計画的にしないと大変なことになるというのは、日本という国自体が証明していると思います。
戦争をしたら借金ができ、そのせいでまた戦争をし、負けた後は返済のために何十年も支払い続けることになってしまった…。返す宛が無謀だったからとしか言えません。

個人に置き換えても、収入に対して返済できないであろうような金額を借りてしまったらそれは大変なことです。支払いに苦しみ続けなければいけません。
借金を返すために借金をするという負の連鎖が起きてしまいやすいことです。その間に、借り主が高給取りになるなんて保証もありません。

お金を借りなければいけない場面は、少なからずでてくることでしょう。しかし、返済できる望みのある額だけを借りなければいけません。多くの会社は高額融資には厳しく、審査に通りにくいでしょう。そこで簡単に通ってたくさんのお金を借りることができるところを安易に利用すると、実はヤミ金だったなんてケースもあったりします。審査が甘いといったようなうたい文句は危険だということも覚えておいてほしいです。

「キャッシングのご利用は計画的に」

繰り返しこの文面を広告で強調するのは、計画亭に利用できない人が世の中多かったからでしょう。借りてもらわなければ消費者金融も仕事ができませんが、貸しっぱなしになってしまうと困りますから。一番困るのは借りた本人ですしね。
短期ですぐに返せるのか、長い目でみて少しつづ返す計画なのか、しっかりとシミュレーションをしてみましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク