全く向いていないバイトに応募した結果

今までいくつかの仕事をしてきましたが、どれも職場での人間関係が原因で辞めてしまいました。
それ以来、人と関わる事が苦痛になり、数年間にわたり無職の状態が続きました。
「そろそろ働かなくちゃ」という気にはなるのですが、面接を受けまくっても採用通知はなし。
そのため、一時的な繋ぎとして、登録型のバイトに応募する事になりました。

紹介されたのは、とある大型電器店での販売業務。
正直言って、昔から小心者な上に人間関係が原因でたびたび転職し、しかも数年間のブランクがある身での立ち仕事は不安しかありませんでした。
「専門知識は必要ない」とは言われましたが、商品に関する知識はしっかり身に着けないといけません。
物覚えも悪いので、やる前から「長続きするのかな……」と心配でしたが、贅沢は言っていられません。
短期とはいえ、時給1000円オーバーで交通費も全額支給という好条件、滅多にありませんから。

当日、内心ビクビクしながら売り場に立つ私。
慣れない接客業、初めての販売業務、そして低いとはいえヒールありのパンプスを履いた状態での立ち仕事。
案の定、1時間もしないうちに足が痛くなり、またお客様から商品の説明を求められるもろくな説明はできず。
ついにはお客様の気分を害してしまい、怒って帰ってしまうという展開に。
しかも、最初から買うつもりだったであろう、商品の入ったかごをその場に置いて。

その日の業務終了間際には、ようやく商品をお買い上げいただく事ができたのですが、私の働きぶりを見ていたその店の担当者の方からはこんなお言葉。

「あなた、人と接するのが嫌いって丸分かり。この仕事向いてないから辞めた方がいいよ」

辛辣すぎる上に的を得た指摘に、私は涙をこらえながら「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と謝るのが精いっぱい。
本来は1ヶ月の予定でしたが、店側からの要請により、仕事はその日限りで終了。
帰り際、明らかに不機嫌そうな登録会社の担当者からは「別の仕事を用意します」と言われましたが、結局何の音沙汰もないまま数年が経過しました。
登録期限はとっくに過ぎているので、今後その会社から連絡が来る事はありません。

去年、内職を始めたので多少の収入は得られるようになりましたが、本当の意味での社会復帰は未だに出来ていません。

photo

カテゴリー: アルバイト パーマリンク