給料の半分以上を仕事用の服に費やした

人気ファッションビルに入居している、某アパレルショップでバイトしていました。
元々そこのブランドの服が好きで、よく購入していた事からますます興味が深まり、思い切って採用面接を申し込んだところ、その日のうちに採用の連絡が来たのです。
その時は、本当に嬉しかったですよ。憧れのショップに客として通うのではなく、従業員として通うようになったのですから。

人と話す事と、コーディネートを考える事が好きな私にとっては「天職」と思っていました。
しかし、働き始めて1ヶ月くらいで、すでに心のどこかで「キツイな」と考える自分がいました。
年末年始や大型連休を含めて不定休の立ち仕事ではありましたが、それは覚悟の上だったので特に苦ではありませんでした。

では何がキツかったのかというと、仕事中に着る服を用意しなければならない事。
仕事中は、基本的にそのブランドの商品のみでコーデしなければいけませんでした。
さらに、一度着たコーデは二度と店内で着てはならず、同じアイテムを身に着けるのは1週間経ってから、という厳しいルールがあったのです。

photo

もちろん従業員ですから、社内割引で多少は安い値段で購入できました。
ですが、新作が出るたびに全てのアイテムを購入する勢いじゃないと、「毎日違うコーデ」なんてとても無理です。
さらに、ユ○クロだとかハ○ーズといったプチプラブランドならまだしも、そのブランドは基本的に4000円以上のアイテムが中心。
ワンピやアウターともなると10000円近くなります。

毎回購入するたびに現金を用意するのが大変だったので、クレジットカードを作り、翌月引き落としという形にさせてもらいました。
フルタイムとはいえアルバイトの収入のみなので審査に落ちないか不安でしたが、ネットで調べて審査が緩い会社を選びました。
たとえばこんな感じです→イオンカード審査に落ちたなら|ブラックでも持てる?クレカnavi

仕事自体は苦ではなかったものの、毎月の服代だけで給料の半分以上が飛んでしまっていたので、1年ほどでバイトを辞めさせていただきました。
あれから数年、アラサー世代になり服の好みがすっかり変わってしまったため、そのブランドの服はほぼ全て処分してしまいました。

カテゴリー: アルバイト パーマリンク