必死で生活費を稼いだ学生時代

高校を卒業するまでは毎月お小遣いを貰っていましたし、何より親と一緒に暮らしていたので、生活費なんてまったく意識していませんでした。
しかし、大人になって社会に出た今、生活費は自分で何とかしなければなりません。
実家暮らしなら何とかなっていたかもしれませんが、今は親元を離れて一人暮らし。
アパートの家賃・食費・水道光熱費・その他必要な費用などなど……もう親に甘えられる年齢ではありません。

photo

大学生の頃は、下宿しながらアルバイトで生計を立てていました。
学費については奨学金制度を利用する事も考えましたが、結局父親が全額負担してくれました。
その代わり、学費以外は絶対に親に頼らないと心に誓い、毎日死にもの狂いで生きていましたね(笑)

大学生というと、サークルだの合コンだのと青春を満喫する風潮が強いですが、当時の自分にそんな余裕などあるはずもなく……。
講義が終わってからはまっすぐバイト先に向かい、だいたい終電ギリギリの時間まで働いていました。
そうでもしないと、生活費が稼げません。
生活費が稼げない事で困るのは自分です。

もちろん、想定外の出費に見舞われ、生活が苦しくなった事も何度もありました。
その度に、見かねた友人たちが食事をおごってくれました。
「真面目な性格だし、お金を貸すと極限の生活になっても返そうとするでしょ? だから普通におごるよ」と言ってくれた時は、涙が出るくらいありがたかったですね。

大学卒業後は正社員として就職し、安定した収入を得られるようになり、生活費に困る事はほとんどなくなりました。
むしろ、実家の両親に仕送りをする余裕すらできたのです。

今は結婚して2人の子どもに恵まれ、生活環境は大きく変わりました。
今年の春には上の子が小学校に上がるため、諸々の出費が多くなります。
それでも、夫婦共働きで頑張って稼いで、子どもたちには不自由な思いをさせないよう協力し合っています。
産休中は収入が1人分になったので、若干の苦労はありましたが、学生時代よりは安定して乗り切れました。

カテゴリー: アルバイト パーマリンク