賃金が安すぎる新聞配達のバイト

昔、新聞配達のバイトをしていました。
「高校生を除く18歳以上で、原付以上の免許を持っていればOK」という求人票を見て応募しました。
コンビニや飲食店など、周りがやっていそうなバイトとは違う仕事をしたかったのです。
時給は「経験により応相談」とあり、まったくの未経験でしたので研修期間としてやや低くしますと言われました。
まだ社会経験がなかった私は、働ければ何でもいいとさえ思っていました。

早起きには自信がありましたが、秋~春先にかけてはとても辛かったですね。
時間はいいのですが、寒さにはめっぽう弱いのです。
原付とはいえ、やはり感じる空気の冷たさは尋常じゃなかったです。
それでも、特にお客さんと接するわけでもないし、配るペースさえ乱れなければ難なく終えられるので、楽なバイトだと思っていました。

photo

しかし、程なくしてそのバイトがおかしい事に気づきました。
友人たちと集まって食事をしている時に、それぞれのバイトの話になりました。
その時、私が新聞配達のバイトの話をすると、みんなが「えーっ!」と驚くのです。
私が配達するのは朝刊なので、朝早いのは当たり前だと思ったのですが、みんなが気になったのはそこではありません。
「その給料はやばくない?」とか「交通費ないの!?」と言うのです。

ちなみに給料は、研修期間で650円、その後は700円、部数320ほど、交通費支給なしでした。
ある友人のお兄さんも新聞配達のバイトをした事があるそうですが、時給制ではなく1部300円で300部だったそうです。
さらにそちらは皆勤手当てがあり、合計すると結構まとまった収入になります。
しかし、こちらは先述の報酬ですし、交通費が支給されないくらいですから、当然皆勤手当てなんてものもありません。
他の友人も、「そこまで酷い新聞配達は初めて聞いた」と驚いていました。

翌月、その新聞配達のバイトを辞め、友人が紹介してくれた別の新聞配達を始めました。
今までとは比べものにならないくらい、毎月の収入が増えました。

カテゴリー: アルバイト パーマリンク